女性

美容液で乾燥肌にサヨウナラを告げよう|サラサラで潤いキープ肌

肌トラブルを防ぐ成分

化粧水

ニキビを小さくする

ニキビは、皮脂の分泌が盛んな人ができやすいとされていますが、実はそれだけではありません。紫外線で活性酸素が生成されることでできてしまうこともあります。ビタミンc誘導体配合の化粧水は、皮脂の分泌、活性酸素どちらの場合も対応できます。洗顔後の肌に化粧水をたっぷり浸透させれば、ニキビが発生しにくい肌を整えてすでにできてしまったニキビも小さくします。ビタミンc誘導体は肌内部でビタミンeと結合されて老化の原因となる活性酸素を抑えます。どんよりとした肌のくすみも晴れやかな明るい肌へと改善されていくそうです。肌の内側からビタミンcを多く含むオレンジや桃、キウイフルーツなどくだものを取り入れると効果が倍増します。

根本的に治す

「ビタミンc誘導体の化粧水」の浸透をより良くしたいときは、まず毛穴環境を整えておくことです。毛穴に皮脂が詰まっている状態では、いくらビタミンc誘導体の効果が高くても、油分の多い皮脂に跳ね返されてしまいます。皮脂や汚れを吸着させて落とすクレイ洗顔で洗って、化粧水が肌の奥に届きやすいようにしておきます。現在は最新の「進化系ビタミンc誘導体」というのも人気です。ビタミンc誘導体以上の最強の力で、成分を肌内部に浸透させていきます。このタイプは「脂溶性と水溶性」の両方をもち合わせているので、浸透力とバリア力のダブルで肌に働きかけます。ニキビやシミ、シワなど、肌の悩みを根本的に解決させてくれると好評です。