女性

美容液で乾燥肌にサヨウナラを告げよう|サラサラで潤いキープ肌

乾燥しやすい肌の対処法

美容クリーム

現在「乾燥肌」で悩まれている方は大変多く、最近では乾燥しやすい秋冬だけでなく、スキンケアを行っていても「1年中」肌が乾燥して困っているといった人も少なくありません。乾燥肌の主な症状が、肌に痛むというほどではないも「刺激」を急に感じたり、肌に目立つ「赤み」が出るなどです。乾燥肌は日々のスキンケアが重要とされていますが、肌に合わない化粧品を使ってしまうと、刺激や赤みといった症状が悪化してしまうので注意が必要です。乾燥肌の化粧品によるスキンケアで最も重要とされているのが、肌への刺激になる成分が多く含まれていないかをまずは確認することです。刺激になる代表的な成分がアルコールや着色料、香料などです。化粧品を選ぶ際にはこれらが多く含まれていないか、しっかり確認することが重要です。

乾燥肌の化粧品によるスキンケアにおいて、化粧品の成分の確認と同じくらいに、その「使い方」も重要とされています。配合の成分を確認して化粧品を選択しても、いざ使ってみると肌がヒリヒリするといった場合も少なくありません。しかし少し刺激を感じたからと言って、すぐに違う化粧品に変えてしまうと、どの成分が刺激の原因であるのか明確にできません。赤みが出ずに、痛むほどではない刺激でしたら、化粧品の「塗布の仕方」をまずは工夫してみましょう。何回かに分けて重ね付けをしてみる、両手にまず化粧品を出し温めてからゆっくり塗布する、コットンパックを試してみるなど、塗布の仕方を変えてみるだけでも肌への刺激が和らぐ場合もあります。配合成分を確認し、これらの塗布の仕方を試してみても、一向に肌の状態が改善しない、または悪化するようであれば、すぐに化粧品を変更して下さい。